As simple As

ガジェット/ビジネス書/たまに語学上達のコツなど

【ネタバレ無し】韓国で「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観てきました

f:id:myup:20171217234952j:plain

スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を観てきました。


映画を観た場所

行ってきたのは地下鉄盆唐線狎鴎亭ロデオ駅のちかくにあるCGV清潭シネシティ

(タクシーの曇った窓ガラス越しに撮った写真のため画質が悪くてすみません)。

 

地図はこちら。

 

8階の売店コーナーにはストームトルーパーが。

これと全く同じものが前回の「フォースの覚醒」のときにも飾られていました。

 

 

ハングル版のフライヤーはこんな感じです。

 

左上のキャッチコピーには「善と悪の戦争。巨大な運命が決定する」と書いてあり、

真ん中の大きな文字は「スターウォーズ」、その間に「ラストジェダイ」とあります。

 

韓国版のトレーラーはこちら。

 

 こちらは日本語版。

youtu.be

 

 

4DX

今回は4DX 3Dで観てきました。
 

4DXで観た感想ですが、宇宙や空での戦闘シーンなど動きが多いため、

動く椅子や水・風・熱・光によるギミックは映画の世界に没入するのに良いと思いました。できればIMAXで4DXだったら最高なのですが。

 

4DXについてはこちらのサイトがわかりやすいかと思います。

www.4dx.korona.co.jp

 
(※12/26追記)

IMAXで観たときの感想はこちらです。

www.assimpleaspossible.work

 

映画の感想(ネタバレ無し)

映画の内容についてはすでにいろいな方がブログ等で書かれているので

あまり詳しくは書きません(充実した解説のブログが多く、私の貧相な語彙では書けません、が正しいかも)が、カイロ・レンの劇中のセリフ

「過去を葬る("Let the past die")」


というフレーズがこの映画を象徴しているように思いました。

いろいろとツッコミどころもありましたが、スターウォーズの1ファンとして

十二分に楽しませてもらいました。「フォースの覚醒」は旧作の世界を堪能しつつ新しいスターウォーズへの導入、のような感じでしたが、「最後のジェダイ」はその新しいスターウォーズの世界がさらに広がりを見せているという印象でした。

 

余談:韓国の映画館の雰囲気について

韓国の映画館の建物の雰囲気は日本とそんなに変わりませんが、観客の雰囲気が日本と少し違っているところがあります。例えば、最後のクレジットロールが始まると観客の9割が席を立ってさっさと帰っていくことが多いです。また、コミカルなシーンでは皆どっと笑いだすなどリアクションが日本人と比べると大きいように思います。

 

最後に

また映画館で見たいと思う映画でした。
次回は3D IMAXの映画館で観て4DXとの違いを比べてみたいと思います。