As simple As

ガジェット/ビジネス書/たまに語学上達のコツなど

ソウルでeSIMを使ったらプリペイドSIMよりもお得だった

f:id:myup:20191211000952j:plain

Photo by Pixabay

はじめに

先月旅行でソウルに行った際にiPhone 11 ProのeSIMを使ってみました。

結論から言うと、プリペイドSIMの半額以下で快適なモバイル接続ができました。

 

 

eSIMとは

 eSIM」は「embedded Subscriber Identity Module」の略称で、SIMの次世代規格です。eSIMは従来のSIMカードとは異なり、携帯電話やスマートウォッチに内臓されているSIMです。

 

 

旅行前の設定

 私はAiraloというアプリから購入しました。

airalo.com


アカウント登録をした後に国を選択します。韓国と入力してください。

f:id:myup:20191210233126j:plain

 

韓国を選択します。

 

f:id:myup:20191210233147j:plain

Jjangというサービスを選択します(シンガポールのキャリアであるスターハブのeSIMになります)。7日間1GBで4ドル(約440円)!とかなりお得な内容となっています。

 

 

f:id:myup:20191210233227j:plain

 

 

購入を選択すると支払い手段の選択画面となります。私はPaypalで支払いました。

f:id:myup:20191210234240p:plain

 

 

購入完了したら次はeSIMのアクティベートの下準備を行います。

Airaloアプリの下にある「My eSIM」を選択し、QRコードインストールのボタンを押すとQRコードが出てきます。QRコードの画面を旅行に持っていくタブレットに転送するか、タブレットで写真を撮っておきます。出発前の準備はここまでです。

 

f:id:myup:20191210234810j:plain

 

ソウル到着後

ソウルに到着したらiPhoneの設定→ モバイル通信に進み、「モバイル通信を追加(写真の矢印の部分)」を選択します。

f:id:myup:20191210234427j:plain

 

カメラが起動するので先ほどタブレットに保存したQRコードをスキャンするとeSIMをアクティベートできます。

f:id:myup:20191210235120p:plain

 

 

iPhoneの設定→ モバイル通信に進み、副回線を選択。副回線をオンにします。

その後、モバイル通信ネットワークを選択します。

f:id:myup:20191210235441p:plain

 

 

APNを「globaldata」に変更するとインターネットに接続できます。

f:id:myup:20191210235546p:plain

 

まとめ

 プリペイドSIMの相場が800円〜1300円程度であることを考えると価格も安く、現地ではKTの4G回線なのでストレスを感じることなくネットに接続でき、eSIM対応の携帯電話を持っている方にはeSIMおすすめです。