As simple As

ガジェット/ビジネス書/たまに語学上達のコツなど

ビジネス書レビュー『科学が突き止めた「運の良い人」』

『科学が突き止めた「運の良い人」』サンマーク出版

  

著者について

中野信子(なかの・のぶこ)

科学者、医学博士、認知科学者。東日本国際大学教授。1975年生まれ。東京大学工学部応用化学科卒業、同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。08年から10年まで、フランス国立研究所ニューロスピン(高磁場MRI研究センター)に勤務。脳科学、認知科学の最先端の研究業績を一般向けにわかりやすく紹介することで定評がある。コメンテーターとしてテレビ番組に出演する傍ら、ベストセラーも多数。

 

サマリー

 運がいい人といわれる人たちをよく観察すると、共通の行動パターン、物事のとらえ方、考え方などが見えてきます。つまり、運がいい人というのは「単に運に恵まれている」というわけではなく、運をつかみ、同時に不運を防ぐような行動、物事のとらえ方、考え方 をしているのです(運の悪い人は、これとは逆の行動パターンや考え方をもっています)。

 

心に刺さった箇所

運がいいといわれる人たちは、みな、いろいろな意味で自分を大事にしています。常識や世間一般の平均的な考え方に流されることなく自分の価値観を大切にして、自分をていねいに扱っています。

 

いまの自分を変えようとするのではなく、いまの自分を生かすのです。

 

他人の尺度でなく、自分の尺度で行動する。他人がどう思うかではなく、 自分が心の底から「心地よい」「気持ちよい」と思える行動をするのです 運のいい人というのはさらに、自分のものさしで測った自分が心地よい気持ちよいと思える状態を積極的につくり出す努力をします。

 

運がいい人というのは、自分なりの「しあわせのものさし」をもっている → そのしあわせの状態を積極的につくり出す努力をしている → 自己一致の状態(自分を好きな状態)になる →  人に好かれる、という図式が成り立ちます。

 

人の体の中には、その人の心の調子によって変わってくる免疫系の物質がありますが、主観的に幸福を感じている人は、その物質のバランスがよくなるのです。逆に主観的に幸福を感じていない人は、バランスが悪くなり病気になります。

 

運がいいと思っている人は、パートナーとの仲をいっそう深めるチャンスが生まれますが、運が悪いと思っている人には生まれない。それどころかますます不仲のほうへと舵を切ってしまうのです

 

実は、運がいいと思っている人も悪いと思っている人も、遭遇している事象は似ている場合が多いのです。しかしその事象に対するとらえ方、考え方が違う。対処の方法も違う。長い年月を積み重ねれば、おのずと結果は大きく変わってくるでしょう。

だからやはり、何の根拠もなくても「自分は運がいい」と決め込んでしまったほうがいいのです。

 

運のいい人とできるだけ一緒にいるようにして、その行動をよく観察するのです。すると、まるで運のいい人と同じ行為をしているかのごとく、自分のミラーニューロンが活発化します。 やがて、観察していた行動や振る舞いは自分のものとなり、自分も同じような行動パターンをとるようになるでしょう。考え方やモノの見方も似てく るはずです。そうなったらしめたもの。「自分も運がいい」と思えてくるでしょう。

 

よい妄想は元手はかからず、いつでもどこでも簡単にできます。そしてその効果は絶大なのです。

 

ちょっとリスクのあるほうが脳の報酬系が活発に働くのです。そこで、何かを選択する際にどれにするかで悩んだとき、あえて少しリス クのあるほうを選んでみるのです。安心・安全な道より、ちょっと冒険の道 を選んでみる。そのほうが夢中になれるし、脳が喜んで、結果もよいものに なる確率が上がるのです。

 

人の脳には、前頭前野内側部という自分の行動を評価する部位があります。 この部位が、「よくやった!」「すばらしい!」などと自分の行動を評価すると、たとえ他人からほめられなくても、大きな快感を得られるのです。

 

利他行動をとり、それによって自分がよい評価を受け、さらに相 手が喜んでくれたときには、脳は何重もの喜びを一気に感じているのです。

 

「もし幸運の神さまがいるとしたら、その神さまが放った幸運の矢をとらえる準備ができていたことだ」 と私は考えています。 その準備のなかでももっとも重要なのが、明確な目的をもち、常に忘れないこと。セレンディピティーを発揮した人たちは、自分はこれをやりたい、 これを達成したいという思いを強くもっているのです。

 

このように、私たちはいくつものゲームに同時に参戦していますが、運がいい人というのは、自分が「これぞ」と思っているゲームからはけっして自分からはおりないのです。

 

ゲームをおりないようにするには、「ゲームは常にランダムウォークモデルのように進む」と考えるのがコツです。

 

マイナスの出来事とひと言でいっても、その内容は千差万別でしょう。大きな打撃を与えるものもあれば、小さな痛手ですむものもある。しかしそのほとんどは、大局からみれば、そのときどきの揺らぎのようなもの、そのときどきの目先のことである場合も多いのではないでしょうか。よって、たとえマイナスの出来事が起きたとしても、その結果にあまりこだわりすぎない。マイナスの結果にあらがうのではなく、その状況をいったん受け入れてみる。簡単なことではないかもしれませんが、まずはその努力をしてみる。それができる人が運のいい人といえるように思います。

 

紙に書いた夢や目標を見たときも同じで、脳が実現後をイメージすると快を感じてドーパミンが分泌されます。そして「やる気」にかかわるドーパミ ンは、夢や目標の達成のための行動を促すのです。

 

苦手な人や嫌いな人のことを考えているときには、脳にストレス物質であるコルチゾールが分泌されます。先にも書きましたが、コルチゾールは生体に必須のホルモンで、分泌量が増えすぎると血圧や血糖値を上昇させたり、免疫を低下、また記憶や精神面にも影響を与えるなど、体によくない働きをするのです。しかし、一転、苦手な人や嫌いな人のしあわせを祈ることができたら、脳内には快感物質が分泌され、心と体によい影響を与えるのです。

 

感想

運に関する本ですが、脳科学者による科学的なアプローチが斬新で面白いと思いました。自分から主体的に行動することによって幸運を引き寄せるアプローチは、運という一見とらえどころのないものを著者の科学的知見をベースに日々の行動や考え方に落とし込んでいます。ランダムウォークに幸運と不運が同じく訪れるなら、自らの行動で幸運の方を主体的に捉えて自分の状態を良くしていく好循環に持っていきたいところです。全ての人にお勧めできる本だと思います。

 

 

科学がつきとめた「運のいい人」

科学がつきとめた「運のいい人」

  • 作者:中野 信子
  • 発売日: 2013/03/22
  • メディア: Kindle版