As simple As

ガジェット/ビジネス書/韓国語

ビジネス本レビュー『我慢して生きるほど人生は長くない』

 

f:id:myup:20211024191458j:plain

Photo by Pixabay

はじめに

『我慢して生きるほど人生は長くない』を読了したので感想を書きたいと思います。

 

 

 

 

結論

どんな人におすすめか

今の仕事にしっくりこない人、今の環境にモヤモヤしている人。

感想要約

・ミッドライフクライシスへの対処方法を知ることができた。

・日々の仕事で感じる違和感を無視してはいけないことを知った。

・自分の今後のキャリアを考える上で新しいヒントを得ることができた。


この本を読んでやってみるアクション

・自分のキャリアプランに転職も選択肢に入れて再検討する。
・自分の価値観とフィットする時間を増やしていく。
・睡眠時間をしっかりと確保する。

感想

私はある事をきっかけに仕事に対するモチベーションが大きく下がった時期がありました。本書に出会って自分が今まで無理をしながら生きてきたということに気づきました。本書では、「他人の価値観やルール」「他人の感情」「他人に奪われる時間」を手放し、「自分の価値観やルール」「自分の感情」「自分の時間」を発見し、取り戻すための方法が書かれています。

 

例えば、普段の生活の中で「ああ、気持ちがいいなあ」あるいは「気分がいいなあ」と感じる瞬間を探し、「体感時間が長いかどうか」で「合わないもの」「苦手なもの」を見分けることです。「合わないもの」を遠ざけ、「気持ちがいい」時間を増やすことでより自分を取り戻すことができます。

 

本書を通じて自分のキャリアや人生を見つめ直す良いきっかけを掴むことができたような気がします。

 

まとめ

この本の感想は以下の通りです。

・ミッドライフクライシスへの対処方法を知ることができた。
・日々の仕事で感じる違和感を無視してはいけないことを知った。
・自分の今後のキャリアを考える上で新しいヒントを得ることができた。

 

この本でやってみたいアクションは以下になります。

・自分のキャリアプランに転職も選択肢に入れて再検討する。
・自分の価値観とフィットする時間を増やしていく。
・睡眠時間をしっかりと確保する。

 

今の仕事にしっくりこない人、今の環境にモヤモヤしている人など自分の境遇について悩んでいる全ての人におすすめです。