As simple As

ガジェット/ビジネス書/韓国語

キャプチャーボード無しで自分のゲーム動画を録画する方法

f:id:myup:20211212220001j:plain

Photo by Pixabay

はじめに

自分のゲーム動画を録画して自分のプレーを振り返りたいけどキャプチャーボードは高すぎるという方におすすめの方法があります。スマホスタンド+スマホで画面を直撮りをすることです。セリアのスマホスタンドなら110円で済みます。実際にやってみたのでご紹介したいと思います。

 

結論

・カメラの設置場所によるが直撮りは可能

・セリアのスマホスタンドでもiPhone13Proをしっかりと支えてくれる

・キャプチャーボードを買うほどではないが自分のゲームプレイを録画して見直したい方に解決策の一つとしておすすめです。

 

 

 

スペック・特徴

53mm〜83mmのスマホをホールド可能

耐荷重約200g

コンパクトデジカメのホルダとしても使用可能
フレキシブルな3本の脚で角度調整可能

 

パッケージ

シンプルでわかりやすいパッケージです。iPhone13Proに合わせて白を選びました。

f:id:myup:20211212213433j:plain



裏は製品についての説明書きがあります。

f:id:myup:20211212213541j:plain

 

デザイン

iPhone13Proを装着してみました。ふらつきやガタツキもなく安定して設置できます。

f:id:myup:20211212213918j:plain

 

裏はこんな感じです。脚の曲げ方が悪くスマホが傾いていますが、しっかり水平を保つことが可能です。

f:id:myup:20211212213954j:plain

 

使ってみた

スプラトゥーン2を40分ほどプレーしてみました。机の隅に三脚を設置して録画したため画面が斜めになっていますが、しっかりと録画できており、自分のプレーを見直すことができました。流石に動画サイトにアップできるようなクオリティではありませんが、自分のプレーの振り返りに使うには十分です。

 

f:id:myup:20211212214627j:plain


キャプチャーボードを使うのがもちろん理想的ですが、PCとボードを準備すると最低でも10万円以上費用がかかります。それを1000分の1のコストで済ますことができ、私のようなアマチュアプレーヤーには十分な品質だと思いました。

 

まとめ

PC+キャプチャーボードの1000分の1のコストで導入でき、録画品質も満足できるレベルです。自分のゲーム動画を録画して自分のプレーを振り返りたいけどキャプチャーボードは高すぎるという方におすすめできる解決策の一つだと思います。