As simple As

ガジェット/ビジネス書/たまに語学上達のコツなど

ビジネス書レビュー『サラリーマンを「副業」にしよう』

f:id:myup:20211215215451p:plain

はじめに

将来に不安を感じ副業を始めてみたいけど、何から始めれば良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回はその解決の参考になるビジネス書『サラリーマンを「副業」にしよう』をご紹介したいと思います。

 

 

 

どんな人におすすめか

・副業を始めたい人
・副業で稼ぎたい人
・副業の稼ぎを大きく育てたい人


この本の要約

・副業を始めてサラリー以外の収入を得よう
・副業初心者はセールス・マーケティングをやろう
・ペルソナ=理想の顧客を設定し何を売るかを決めよう。ペルソナは過去の自分を設定することで8割方の人はうまくいく
・メディアを作って育てていき、マネタイズしよう
・個人事業主として独立しよう

 

本書を買ったきっかけ

サラリーマンの給料1本でいくことのリスクを感じるようになり、副業を考えるようになったことがきっかけです。

感想要約

・副業を始めるところから事業拡大していくところまでステップ別にわかりやすく解説されている
・ブログを継続するモチベーションが上がった

 

この本を読んでやってみるアクション

・ブログのターゲットとコンテンツ(自分が提供できるもの)を見直す
・継続して(できれば毎日)ブログをアップしていく

 

私の心に留まったポイントを紹介したいと思います

副業のスタイルを考える

本書では図表1のようなジョブ・マトリックス(プロジェクトやビジネスにおける役割を示している)の中で副業にはSupporterとSalesを筆者は勧めています。Supporterは裏方Salesはセールス&マーケティングの役割で、なぜこれらが勧められているかというと、今後の努力で結果を変えることができ、本業の邪魔になりにくいからです。ちなみにSupervisorは経営の役割、Specialistはその名の通り専門家の役割となります。

 

f:id:myup:20211215210954j:plain

Source: President Woman


筆者は特にSalesを万人向けの「誰にでもできる副業」として勧めています。

 

副業が売れる仕組みをつくる

次のステップはペルソナ=理想の顧客を設定し、事業のコンセプトを決めることで売るものが決定すると筆者は説明しています。ペルソナを過去の自分に設定することで8割方の人はうまくいくそうです。過去の自分をどこに導きたいのか、そしてその手段は何なのかを考えていくことでターゲットと売り物が決まってきます。

 

副業を維持・発展させる

そしてマーケティング活動としてメディアを立ち上げ、育て、マネタイズしていきます。例えばブログを立ち上げ、100本程記事を投稿して読者を増やしていき、広告やアフィリエイト、案件獲得していくという流れです。本書には他にも様々な具体的な事例が紹介されています。

 

まとめ

最後は個人事業主として事業を拡大していくフェーズになりますが、詳しい内容は本書を読んでいただければと思います。副業を始めるところから事業拡大していくところまでステップ別にわかりやすく解説されており、私のブログに対する考え方や今後の方針の大きなヒントとなりました。またブログへのモチベーションが上がりました。全てのサラリーマンにお薦めできる本です。

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村