As simple As

ガジェット/ビジネス書/たまに語学上達のコツなど

ビジネス書レビュー『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』

f:id:myup:20211229222750p:plain

はじめに

年末年始に自分のキャリアについて考えたい方へのビジネス書紹介第2弾です。本書は様々なメディアで紹介されているのでご存じの方も多いのではないでしょうか

本当にやりたいことを見つけるための「自己理解」の手法をまとめた本になります。

私も実際に本書で書かれているやり方を試して見たところ、自分のやりたいことがより明確になりました。

◆ どんな人向けの記事か ◆ ・自分のキャリアプランを考えたい人
・好きな仕事を見つけたい人
・好きな仕事を見つけたい人
要約 ・以下の三つの要素を組み合わせたときに、「ほんとうのやりたい事」がわかる。
  1.好きなこと(情熱)
  2.得意なこと(才能)
  3.大事なこと(価値観)

・その公式は以下の通りである。
   好きなことx 得意なこと x 大事なこと = ほんとうのやりたい事

いくつか心に留まったポイントを紹介します。

大事なこと(なぜその仕事をやるのか)

まず1番大切なのは大事なこと(価値観)を知る事だと著者は主張します。自分の価値観を知ることによってなぜ自分はその仕事をやるのか?が明確になるからです。価値観が明らかになると何をやって何をやらないかの優先順位づけができます。

『7つの習慣』でも「終わりを思い描くことから始める(Begin with the end in mind)」とあります。自分はどうなりたいのか?それはどんな価値観からなのか?を探すことが真っ先にやるべきことなのです。

本書では5つの質問をやることによって自分の価値観を明確にしていきます。質問の1つを紹介すると「幼い頃や思春期にあった、今の自分に1番大きな影響を与えている出来事or経験は何ですか?それらが自分の価値観にどう影響を与えましたか?」とあります。

本書の内容とは若干異なりますが、自分の価値観を知るために価値観マップを作る、という方法があり、以下の動画で紹介されておりおすすめです。


www.youtube.com

 

得意なこと(どうやってその仕事をやるのか)

次に得意なことを探します。自分の得意なことをやることによって、自分を活かしながら自分だけが使える勝ちパターンを手に入れることができると本書では書かれています。


短所を改善したところで他の人と同じレベル(あるいはそれ未満)に到達するだけで尖ることができないからです。


得意なことを探し出す質問のひとつとして興味深かったのは「最近イラッとした、もしくは心がざわざわしたのはいつ?」という質問です。

私はPC操作が得意なのですが、他人がエクセルの作業にもたついているときに少しイラッと感じることが確かにありました。

 

好きなこと(どんな仕事をするのか)

最後にくるのは好きなことです。好きなことであればその分野についてもっと知りたくなり、その努力をしていても本人は努力とすら感じません。

筆者は

お金のために働いている人は好きで働いている人に敵わない

と述べています。好きなことについても5つの質問があり、面白かったのは「これまでの人生で社会に対して怒りを感じることは何ですか?」という質問でした。怒りを感じる分野を良くするために働くという発想です。

 

ほんとうのやりたい事

これまでに出てきた好きなことと得意なことを掛け合わせ、それを価値観と掛け合わせます。そうすることによってほんとうにやりたいことが明確になります。

私の場合で言えば、以下のような結果になりました。

得意なこと  = 気に入った物や面白かったことを人に紹介すること
好きなこと  = ガジェット、ビジネス書
やりたいこと  = このブログ
価値観  = 成長(良い方向への変化と成長を維持する)

努力している感じは全くせず、楽しんでやっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は本書を読んで自分のやりたい事がより明確になりました。エントリーで紹介した以外にも多くのヒントになる内容が本書には書かれています。


もうひとつおすすめなのは巻末特典で、自分のやりたい事を発見するための助けになるツールとして非常に役立ちます。より詳しく内容を知りたい方は本書を手にとってご覧いただければと思います。

 

年末年始にキャリアを考える参考になれば幸いです。