As simple As

ガジェット/ビジネス書/韓国語

今年読んで良かったビジネス書

f:id:myup:20211024191458j:plain

はじめに

今年読んで良かったビジネス書を3冊ご紹介したいと思います。

『本当の自由を手に入れる お金の大学』

金融系YouTuberの両学長によるお金の教育本。書店で見かけた方も多いかと思います。私はYouTubeから入りましたが、YouTubeの内容が一冊にまとまっており、映像よりも活字で情報収集するのが得意な方にはこちらがおすすめです。支出を5万円/月減らし、収入を5万円/月増やすことで10万円を投資に回し自由な生活を手に入れるための具体的な方法が丁寧に書かれています。今年最も行動を変えてくれた本です。

 

『Dark Horse 「好きなことだけで生きる人」が成功する時代』

小さなモチベーションを満たすこと=充足感の追求が成功に到達すると定義した面白いアプローチの自己啓発本。自分の仕事を好きになるヒントを得ることができ、新年の読書にもおすすめの1冊です。

 

assimpleaspossible.hatenablog.com

 

『勝間式生き方の知見 お金と幸せを同時に手に入れる55の方法』

勝間和代さんによる55の知見が書かれています。今までに出版された勝間本のダイジェスト版とも言える本で、個人的に最も響いたのは時間割引率の考え方でした。

時間割引率についてはこちらの記事が参考になります。

toyokeizai.net

生活習慣による発症というのは、言わば「食べすぎと運動不足」が主な原因です。つまり、体に悪いとわかっていてもつい食べるのが我慢できなかったり、運動が面倒だったりするということから糖尿病になってしまう傾向が強いということです。行動経済学では、こういうタイプの人を「時間割引率が高い人」という表現をします。これは「将来の価値よりも現在の価値を重視する」、すなわち「将来の楽しみのために今の楽しみを我慢することが難しい」という意味です。食べすぎや運動不足が体によくない、将来健康に悪い影響を与えるということは誰でもわかることです。にもかかわらずそういう行動をとってしまうということは、明らかに将来の価値よりも現在の価値を重視するという行動です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?私は困った時に本に何度も救われてきました。今年は本を集中して読み進めないほど精神的に辛い時期もありましたが、それでも最終的に救ってくれたのは本でした。来年は今年よりも多くの役に立つビジネス書をご紹介できればと思います。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村