As simple As

ガジェット/ビジネス書/たまに語学上達のコツなど

ビジネス書レビュー『「オンライン起業」の教科書』

f:id:myup:20220113010431p:plain

はじめに

『「オンライン起業」の教科書』を読了したのでレビューしたいと思います。

この記事では今年こそは起業や副業を考えているけど何から始めたら良いか分からない、という悩みを解決します。

 

◆ どんな人におすすめの本か◆
・起業・副業のネタが見つからない人
・起業・副業の集客方法を知りたい人
・起業・副業に興味がある人
◆本の要約◆ ・得意なこと・好きなことでオンライン起業しよう
・やりたいことが決まったらSNSやブログで発信しよう
・オンラインで売れる仕組みを作って売上を伸ばそう
・オンラインで売上を継続的に上げる仕組みを作ろう

購入動機

私は昨年10月からブログを再開したのですが、コツがなかなかつかめず悩んでいるところに本書と出会いました。

いくつか心に留まったポイントを紹介したいと思います。

稼ぎにつながる「8つのタネ」の見つけ方

著者の山口さんは主婦起業・オンライン起業の専門家でセミナーやコンサルを通じて15,000人以上の起業に関わってきた方だそうです。

 

著者は自分が当たり前だと思うことが起業・副業の「タネ」になると述べています。なぜなら、初心者は少し先に始めた人の情報のほうがプロの情報や技術よりも役に立ち、人によってはその情報や技術ににお金を出してもよいと思うからです。


「タネ」の見つけ方として以下の8つのポイントがあげられています。

①趣味
②得意なこと
③好きなこと
④持っている資格
⑤あなたの経験
⑥あなたの消費行動
⑦苦手なこと
⑧あなたの「存在」

これだけの切り口があれば何かしら起業・副業のネタが見つかりそうですね。

選ばれるためのプロフィールを書いてみよう

自分が何を発信していくかを決め、発信していく上で自分がその発信内容について価値があることをわかってもらうためには、経歴や実績を裏付けるプロフィールが必要だと著者は主張しています。


また、人はスペックよりもストーリーに心を動かされると述べています。ストーリーとは「なぜ、あなたがそれをしているのか」という理由付けだとしています。

ストーリーの作り方は以下の通りです。

ストーリーの作り方 ・現在「していること」
・過去「いまにつながるきっかけ」
・未来「これからしたいこと」


この順番でいくとストーリー仕立てのプロフィールができあがります。

私はプロフィールの書き方で悩んでいたのですがこの方法なら書けそうな気がします。

 

まとめ

本書ではこの他にもオンラインでの集客方法やビジネスをどうやって大きくしていくかについて段階を追って具体的に書かれており、ビジネスを始めるところからビジネス拡大までひとつひとつ丁寧に解説されています。

この本を通じて学んだのは、自分の良いところ(あるいは苦手にするところ)を見つめ直しかつそれを活かしていくことによって、上手くいけば収入に繋がりますし、上手くいかなかったとしてもマーケティングスキルやライティングスキルを鍛えることができ、本業に役立つという点です。

私もブログ作成を通じてどうやったら自分の扱う製品が売れるのか、どういう書き方だとより分かりやすい文章になるのか、というマインドになってきているのを、少しずつではありますが実感しています。

スモールビジネスについての本ですが、経営者視点や小さなことを積み上げてお金を稼いでいく感覚を得るのは会社勤めの人にも大いに役立ちます。おすすめの1冊です。


最後までお読みいだたきありがとうございます。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村