As simple As

ガジェット/ビジネス書/たまに語学上達のコツなど

MVNOからpovo2.0に乗り換えた感想【口コミ】

はじめに

MVNOからpovo2.0に回線を乗り換えたので感想を書きたいと思います。

 

MVNOを使っているけどpovo2.0に変えるとどうなるのかという疑問を解決します。

 

この記事を読むとMVNOからpovo2.0に乗り換えるべきか判断できるようになります。

 

月に3GBのデータ通信量でほとんど電話回線での通話をしないならpovo2.0はかなりおすすめです。

 

◆ どんな人におすすめの記事か◆ ・携帯電話回線の月々の費用を下げたい人
・MVNOの回線速度にストレスを感じている人
・povo2.0に興味がある人

 

 

Povo2.0にした理由

今までBIGLOBEモバイルのau回線を使っていました。比較的割安で回線速度もそこそこだったので満足していたのですが、割引キャンペーン期間が終わりコストがMVNOとしては割高な感じがしていました。


また、外出時、特に昼休みや夕方の回線速度がもっさりとしており、Apple Musicも画面表示がすぐに出ず音楽再生にストレスを感じていました。


さらに週末くらいしか外出しないため、データをほとんど使いませんでした。povo2.0であれば回線速度の速いキャリア回線でコストが安くなるメリットがあると感じ、乗り換えを検討することにしました。

 

プランの比較

同じ3GBのプランで比較するとpovo2.0はBIGLOBEに比べて年間で7,656円の節約になり、かつ回線速度が上がります。

 

【povo2.0とBIGLOBEモバイル比較表】

 

povo2.0

BIGLOBE

備考

 月額利用料金

990円/月(税込)

1,628円/月(税込)

BIGLOBEはオプション追加(308円/月)

年間コスト

11,880円

19,536円

 

データ容量

3GB

3GB

povoは30日間

回線

5G/4G

4G

 

プラン

データ追加3GB

(30日間)

プランR

(3ギガ)

 

 

 

        【ランニングコスト比較】

 

 

BIGLOBEは1年以上使っていたので違約金はゼロ。povoは1回線目のため加入手数料ゼロなのでスイッチコストもかかりませんでした。

 

 

Povo2.0への契約変更の方法(MNPの場合)


現在契約中の回線のMNP番号を取得します。

 

MNP番号の取得方法は以下の通りです。

ドコモ

Webから
MyDoCoMo へログインしてお手続き
受付時間:9:00~21:30

※システムメンテナンス時間などは除く

携帯電話・一般電話から
<携帯電話から> 151
<一般電話から> 0120-800-000
受付時間:9:00~20:00

 

ソフトバンク

Webから
My Softbank」 へアクセス → 画面右上の「メニュー」を選択 → 「契約・オプション管理」を選択 → 「画面上部のお客さま情報」を選択 → 画面を最下部までスクロール → 「その他のお手続き」>「MNP予約番号の紹介・キャンセル」を選択 → 暗証番号(4桁)で再度ログイン → 「お手続きする」を選択

Yahoo!ケータイから
TOP → My SoftBank → 各種変更手続き → MNP予約関連手続き
受付時間:9:00~21:30

携帯電話・一般電話から
<携帯電話から> 5533
<一般電話から> 0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00

 

ワイモバイル

Webから
Y!mobile → My Y!mobile(ログイン)→ 契約内容の確認・変更 → 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き

携帯電話・一般電話から
<携帯電話から> 116
<一般電話から> 0120-921-156
受付時間:9:00~20:00

 

楽天モバイル

my楽天モバイル にアクセスする
画面右上の三本線メニューから「my 楽天モバイル」→[契約プラン]→[各種手続き]→[他社への乗り換え(MNP予約番号取得)]よりお手続きください。

Sourse: Povo2.0 website

 


Povo2.0のサイトに行き、画面一番下の「お申し込みはこちら」を押し、

 

 

2】他社/UQ mobileからpovo2.0へのお乗り換え を選択。




以下を実行します。

1. povo2.0アプリのダウンロード


2. メールアドレスのご登録


※povo2.0ではキャリアメールを登録できません。キャリアメール以外のメールアドレスをご用意ください。
                    
3. 画面の指示に従って、必要事項をご入力ください。
(※ SIM/契約タイプのご選択、重要事項説明などのご確認、クレジットカード情報のご入力)

4. eKYC(電子本人認証)の画面にて、お客さま情報を入力してください。

5. eKYCでの認証次第、ご登録のアドレスにメールが届きますのでご確認ください。

 

6. 「本人確認を行う」ボタンを押してください。

 

7. 画面の指示に従って、必要事項をご入力ください。
※1:端末によって、APN設定やOSアップデートが必要です(一部の機種では自動設定されます)。
※2:iPadの場合は不要です。

 


SIMカード(またはeSIM)を入手した後は以下を実行します。


SIM開通手続き

SIMカードの場合 1. 契約後、郵送にてSIMカードを受け取り
2. SIMカードの有効化(回線の切り替え)を実施
3. SIMカードを端末に差し込む
4. 通信利用設定(※1)を実施
5. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける(※2)
6. 開通手続き完了

 

eSIMの場合 (eSIM対応端末ご利用の方のみご選択可) 1. eSIMの有効化(回線の切り替え)を実施
2. eSIMの設定
3. 通信利用設定(※1)を実施
4. 発信テスト用番号(111/通話料無料)へ電話をかける(※2)
5. 開通手続き完了
※1:端末によって、APN設定やOSアップデートが必要です(一部の機種では自動設定されます)。
※2:iPadの場合は不要です。
※インストールが完了するとご利用いただけます。ただし、APN設定が必要になる場合もあります。
※設定にはWi-Fi環境が必要です。
※povoを利用するスマートフォン以外の端末(PC、タブレットでもOK)が必要です。
※20時から9時30分にお手続きをされた場合は、9時30分以降に順次ご利用いただけるようになります。

Source: povo2.0 website

 

 

Povo2.0を使ってみた感想

5G回線がMVNOに比べて爆速でした。家の近所の5Gエリアでスピードテストで試したら下り100M出ました。キャリア回線だけあって4Gのエリアでも回線速度は早く感じました。

 

eSIMで申し込んだら申し込みから開通まで2日でスムーズでした。


データ消費が思ったよりも早いです。回線の開通直後に最初のお試しでいろいろいじったせいもありますが、3GBのトッピングで4日間で500MB消費してしまいました。このペースだと1ヶ月もたなそうなので、少し節約しながらデータを使っていこうと思います。


通話はまだ試していませんが、常にアンテナが4本入っており、楽天よりも通話品質は良さそうです。楽天は家の中で電話すると音声がとぎれて不安な場面がなんどかありました。

(追記)その後通話する機会があり、家での通話でも(当たり前かもしれませんが)全く途切れることなく、相手の声も明瞭に聞こえました。楽天よりも通話品質は良いです。

 

 

まとめ

Povo2.0にしてまだ1週間経っていませんが、回線の速度に大変満足しています。これで990円/月なのでコスパはかなり優れています。BIGLOBEモバイルから乗り換えて年間7,656円の節約になる見込みです。

 

あまりデータを使わず、通話もLINEやFaceTimeで済ますという方にはpovo2.0+3GBトッピングがおすすめです。

 

私はドコモ派なのでpovo2.0には興味なし、という方にはやや割高ですがahamoという選択肢もあります。

 

 

  日本ブログ村に参加しています。押して頂けると励みになります!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへにほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村