As simple As

ガジェット/ビジネス書/韓国語

シャオミ Smart Band 7使用2週間レビュー

はじめに

シャオミ(Xiaomi) Smart Band 7をAliExpressで購入して2週間使ったレビューをしてみたいと思います。

 

結論から書くと、初めてスマートウォッチを買うなら間違いなくおすすめのモデルです。睡眠トラッカーや運動の記録、心拍数モニタリング、血中酸素レベル測定などの機能を備え、常時表示により時計としての使い勝手も向上していて高コスパと良いことずくめです。

 

私はMi Band 5から使用しており、スマートウォッチ自体は8年前位からいろいろな機種を試してきました(Apple, Sony, Motorola, Xiaomiなど)。今まで使用していたMi Band 6との違いも交えながら感想を書いていきたいと思います。

 

この記事を読むとシャオミ Mi Smart Band 7の使用感を知ることができます。

 

 

◆ どんな人におすすめの記事か◆ ・コスパの良いスマートウォッチを探している人

・睡眠トラッカーを探している人

・運動の記録をしたい人

・心拍数や血中酸素濃度を測りたい人

 

 

製品の特徴

・1.62 インチ AMOLED タッチディスプレイで画面が見やすい

・心拍数モニタリング、血中酸素レベル測定、睡眠のトラッキングなど健康状態のモニタリングができる。

・110 種類以上のスポーツモードで多彩な運動の記録が可能に

・5 ATM 耐水で水泳やヨット、釣りなどでも使用可能

 

スペック

サイズ
46.5 mm × 20.7 mm × 12.25 mm
*高さ、幅、厚さの寸法は、ストラップや突出部を除きます
重量:13.5 g
 
バンドストラップ
サイズ:160 ~ 224 mm
素材:熱可塑性ポリウレタン
 
ストラップバックル:アルミニウム合金
 
ディスプレイ
1.62 インチ AMOLED タッチディスプレイ
解像度:192 × 490 ピクセル、326 PPI
明るさ:最大 500 nit(調節可)
指紋防止コーティング強化ガラス
ウォッチフェイス:100 種類以上
約25% 広い表示領域* *Xiaomi Smart Band 7の表示領域は、Mi スマートバンド 6 と比較して約 25% 広くなっています。Huami Labs から入手したデータ。
 
センサー
高精度 6 軸センサーと PPG 心拍数 6 軸センサー低消費電力の 3 軸加速度計と 3 軸ジャイロスコープ
 PPG 心拍センサー
 
バッテリー
充電タイプ:マグネット充電
充電時間:2 時間以内
標準的な使用時間:14 日間以上
容量:180 mAh
 
フィットネス
110 種類以上のスポーツモード
5つの自動検出モード:屋外ランニング、ウォーキング、トレッドミル、ローイングマシン、エリプティカル
その他の機能
VO₂ max
トレーニング効果
トレーニング負荷
リカバリー時間
 
健康
心拍数モニタリング
血中酸素レベル測定
*血中酸素レベル測定機能は、診断、予防、モニタリング、予測、疾患の予後、生理学的プロセスの調査、その他の医療目的を対象としたものではありません。すべてのデータとトラッキングは、健康と個人的な参照目的にのみ使用してください。不安を感じる場合は、医療用の機器を使用するか、医師にご相談ください。
睡眠のトラッキング(深い睡眠、軽い睡眠、レムおよびうたた寝)
睡眠呼吸品質トラッキング
女性の健康トラッキング
*この機能は、医療目的で使用しないでください。また、医療目的の拠り所にもしないでください。月経周期や関連情報を正確に予測できない場合があります。すべてのデータとトラッキングは、個人的な参照目的にのみ使用してください。
ストレスモニタリング、呼吸法 PAI(パーソナルアクティビティインテリジェンス)
 
仕様
5 ATM 耐水
アプリ:Mi Fitness
Bluetooth 5.2 BLE
オペレーティングシステム:Android 6.0 以降、iOS 10 以降
システム言語:英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語、ロシア語、中国語(繁体字)/中国語(簡体字)など。
 
パッケージ内容
ウォッチ本体(1 個)
ウォッチストラップ(1 組)
専用充電ケーブル(1 本)
取扱説明書(1 冊)

 

ソース: Xiaomiホームページ

 

 

開封の儀

黒い外装箱です。到着したときすでに箱が潰れていたのは想定内。



裏面。製品の特徴が書かれています。中国版を購入したため説明は中国語になっています。

 

 

内箱です。バンドと本体がうっすらと見えます。中国語で何か書かれています。

 

 

グーグル翻訳を使って翻訳しました。「初めて使用するときは、充電器を接続して電源を入れる必要があります」という内容でした。

 

 

箱の中身全体はこんな感じです。説明書(中国語)とバンド付本体、充電ケーブルのシンプルな構成です。

 

 

Mi Smart Band 6と大きさを比べてみました。左が6で右が7です。7の方がややおおきく丸みのあるデザインとなっています。 



Mi Band 6で使っていた交換バンドにもはまりましたが少し厚みが出てしまいます。シリコンバンドなら6のものでも大丈夫そうです。

 

 

電源を入れるとアプリをダウンロードするようメッセージが出てきます。

 

iOS用

Zepp Life

Zepp Life

  • Huami Inc.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

 

Android用

play.google.com

 

 

 

アプリをダウンロードしたら"+デバイスを追加"をタップします。

 

 

”バンド”を選択。



 

"バンドにQRコードがあります"を選択

 

 

スマホをバンドの近くにおきます。

 

 

バンドをタップしてペアリングします。



スマホとペアリングします。

 

 

もろもろの設定を同期します。




言語設定を行います。"設置"を選択。ちなみにZepp Lifeアプリからも設定可能です。

 

 

"使用偏好"を選択。

 

 

"手杯語言(一番上の部分)"を選択

 

 

"English"を選択して✓ボタンをおして完了です。



Mi Band 6と比べるとSmart Band 7は画面も明るさと精細さが増したような気がします。

 

 

 

2週間使った感想

◆良い点◆ ・画面が大きくて見やすい

・それでいてコンパクトでとりまわしの良さを維持している

・常時表示で時計としての使い勝手も向上した

・睡眠トラッカーや心拍数など健康モニターの機能の使い勝手は6と変わらず使いやすい(ただし心拍数やストレスなど常時計測にすると電池消耗がはげしい)。

 

◆改善すべき点◆ ・電池のもちが短くなった。どの健康機能をアクティブにするかで変わってくるが6日程度。

・Mi Band 6との差分が少ない。

 

2週間使ってみて感じたのは、画面の見やすさと常時表示の便利さです。主な用途は睡眠トラッカーとウォーキングの記録ですが、どちらもMi Band 6の使用感と大きく変わることはなく、ストレスなく使用できています。

 

一方で、Mi Band 6に比べて電池の持ちが悪くなっているように感じました。心拍数やストレスチェックの常時オンを外して6日持つイメージです。

 

まとめ

シャオミ Mi Smart Band 7を2週間使ってみたレビューについて書いてみました。


はじめてスマートウォッチを買うなら間違いなくおすすめのモデルです。ただし、Mi Band 6を持っている方は大きな画面と常時表示が欲しいなら、という条件付になります。

 

個人的には見やすい画面と、常時表示、Mi Band 6と変わらない健康モニタリングや運動の記録ができるところが気に入っています。

 

シャオミ Mi Smart Band 7の情報収集の参考になれば幸いです。

 

 

 

Amazonギフト券を購入してAmazonで買い物するとポイント分2.5%お得になります(2022年7月21日まで)。

 

  日本ブログ村に参加しています。押して頂けると励みになります!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ

PVアクセスランキング にほんブログ村