As simple As

ガジェット/ビジネス書/韓国語

トリリンガルのトミ先生の『韓国語3行日記添削』サービスを使った感想

はじめに

韓国語の勉強をしていて、リスニングやリーディングの素材はネットフリックスのドラマやYouTube、韓国芸能人のSNS投稿やウェブサイトなど比較的簡単にアクセスできるけど、ライティングの良い教材がなかなか見つからない、と思ったことはありませんでしょうか?

 

特にライティングは添削してもらわないと上達しているか自信が持てないことが多いですよね。

 

今回トリリンガルのトミ先生の『韓国語3行日記添削』サービスを使ってみたので感想について書いてみたいと思います。

 

私は大学で韓国語を専攻し、日系企業の海外部門で韓国関係の仕事を約15年経験し、そのうち5年半の間韓国ソウルにある子会社で働きました。

 

韓国の子会社では主に韓国語で業務を行い、社内会議での報告や社外プレゼンテーション、Eメールなどの日常のコミュニケーションも韓国語で行っていました。現地でTOPIK6級も取得しました。

 

その経験から韓国語学習に役立てるような内容をお伝えできればと思います。

 

◆ どんな人におすすめの記事か◆ ・韓国語初級〜中級学習者

・韓国語作文に興味のある人

・韓国語で日記をつけてみたい人

 

サービスの内容

このサービスを運営しているトリリンガルのトミ先生は、YouTube上で入門者から中級者までが学べるコンテンツを配信している韓国語講師です。

 

https://www.youtube.com/c/TrilingualTomi

 

 

また、同じように韓国語が学べるサイトも運営しています。その中でも特に面白いと思ったのが、韓国語能力試験の過去問を使ったオンライン模試ページです。過去問をタイマー付きで本番さながらに解くことができ、採点までしてもらえるうえ、解説や日本語訳まで見ることができます。

https://trilingual.jp/topik/

 

 

トリリンガルのトミ先生が運営しているのが、『韓国語3行日記添削』サービスです。コスパが良く、LINEで送信可能とその手軽さも魅力です。
100文字以内の日記や作文、手紙などを添削してくれるサービスで、書いた作文はLINEで送るだけです。

また、キーボードでハングル文字を打つのが苦手な人は、手書きで書いた文章を写真で撮って送ってもOKです。

 

3日間の無料体験があったり、LINEでやりとりできたりと、始めるまでの心理的・経済的なハードルが低いので、韓国語学習をこれから始めてみようと思っている人には最適なサービスといえるでしょう。

 

◆料金◆
・月額 : 7,980円(税込) ※1回あたり266円

・文字数 : 100文字以内

 

◆️サービスの特徴◆
・LINEでやりとり可能な手軽な添削サービス

・月額7,980円、1回あたり266円と低価格

3日間の無料体験が可能

24時間以内に添削してくれる

 

 

メリット LINEで手軽にできる
・毎日韓国語でコミュニケーションできる
・自分の韓国語作文を添削してくれるのでライティング力が向上する

 

デメリット ・100文字という字数制限があるのでTOPIKの作文対策にはならない
・作文テーマが自分の好みでない場合はネタに困る可能性もある

 

 

メリット

LINEで手軽にできる


毎朝7時に動画とテーマについてのラインメッセージが届きます。与えられたテーマに沿っても良いし、自分で好みのテーマを決めても良いです。



100文字以内の作文をLINEで送れば24時間以内に添削をしてくれます。私がやってみたときは数時間後には返信が来ていました。なんといってもスマホ片手にLINEで作文が送れて、添削してもらえるという、行動へのハードルの低さ(手軽さ)がこのサービスの最も良いところだと思います。

 

毎日韓国語でコミュニケーションできる

語学上達のためには、学んでいる言葉に触れる時間をできる限り長くし、間隔をできるかぎり空けないようにすることだと思います。

 

『韓国語3行日記添削』は毎日韓国語を使う機会を得ることができ、作文を考える時間も含め、韓国語に触れる時間を増やすことも可能です。

 

また、先生とのやり取りも韓国語ででき(日本語も可能です)、文章の添削もさることながら、その内容についても前向きなコメントをくれるので、また作文を出したくなります。

 

ソウルで仕事をしていた頃毎日カカオトークで同僚と韓国語のコミュニケーションしていた感覚を思い出しました。

 

自分の韓国語作文を添削してくれるのでライティング力が向上する

私の添削をしていただいた方はおそらく韓国人の方で、ネイティブの観点で添削をしてくれるのでとても信頼性が高いと思いました。また、日本人では気づきにくい言葉遣いについても指摘してくれたのでとても勉強になりました。

 

私はTOPIK6級を持っていますが、ネイティブスピーカーではないので、この点もとても良かったと思います。

 

 

デメリット

100文字という字数制限があるのでTOPIKの作文対策にはならない

文字数が100文字という制限があるため、200-300文字で指定されているTOPIKの作文問題対策にはなりません初心者〜中級者向けのサービスという印象です。

 

 

作文テーマが自分の好みでない場合はネタに困る可能性もある< /h4>

毎日トミ先生から作文のテーマが送られてくるのですが、普段あまり考えていなかったようなテーマが送られてくることもあり、作文内容に困ることがあるかもしれません。

 

ただし、作文のテーマは自由に設定できるので、最近のニュースなど自分に関心のあるものについて(または作文しやすそうなテーマ)をバックアップとして準備しておくことをおすすめします。

 

 

他のサービスとの比較

添削サービスを比較してみました。手軽さ、1日あたりのコストでは『韓国語3行日記添削』にアドバンテージがあります。ただしTOPIK IIの作文対策やビジネス用途である場合は他のサービスも併せて検討してみるのも良いかと思います。

 

【添削サービス比較表】

サービス名

ツール

料金

対象者

トミのオンライン
【韓国語ショップ】

LINE

7,980円(1日1回)/月

※1回あたり最安値※

初~中級

Nova

メール

6,000円(4回まで)~/月

初~上級

ハニジェミ韓国語学院

※添削内容による

500円~/回

初~上級

K-ACADEMY

専用ページ

4,070円~(2回まで)/月

初~中級

韓たん4U

専用ページ

10,120円~(12回)/月

初~上級

ミレ韓国語学院

メール

550円~/回

初~上級

クロスインデックス

※柔軟に対応

15円/1単語

ビジネス

ココナラ

メッセージ

500円~/回

※サービスによる

 

 

まとめ

トリリンガルのトミ先生の『韓国語3行日記添削』サービスを使った感想について書いてみました。


レスポンスもよく、添削される先生の感じがとても良かったです。また添削内容についても信頼性が高い印象でした。


個人的には、ソウルで仕事をしていた頃毎日カカオトークで同僚と韓国語のコミュニケーションしていた感覚を思い出しました。

 

コスパがよく初心者〜中級者におすすめできるサービスです。韓国語で日々コミュニケーションしたい人にもおすすめです。


ただし、TOPIK IIの作文対策やビジネス用途である場合は他のサービスも併せて検討してみるのも良いかと思います。

 

ここまで読んで興味を持ちましたらぜひ以下のバナーから申し込みいただければと思います。

3日間の無料体験付ですので試してみて、万が一自分に合わないと思ったら3日以内であれば費用負担なしで退会できます。

 

 

【関連エントリー】韓国語ビジネスメールテンプレ集【挨拶 単語 結び】 - As simple As

 

 

↓押して頂けると励みになります!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村