As simple As

ガジェット/ビジネス書/たまに語学上達のコツなど

象印加湿器EE-RR35-WAを1ヶ月使った感想【2022年】

f:id:myup:20220119232411p:plain

はじめに

象印の加湿器EE-RR-35WAを購入して1ヶ月使った感想を書きたいと思います。

全般的には満足しており、買って良かったと思っています。

 

この記事ではどの加湿器を買えば良いかわからないという悩みを解決します。

 

◆ どんな人におすすめの記事か◆ ・加湿器の購入を検討している人
・象印の加湿器の使用感を知りたい人
・部屋の環境を改善したい人 

 

関連記事

assimpleaspossible.hatenablog.com

assimpleaspossible.hatenablog.com

 

象印の加湿器を1ヶ月使って感じた良い点、悪い点は以下の通りです。

 

良い点 ・手入れが楽(少しだけ手間が増えた)
・タイマー機能が地味に便利
・ショートカットキーが便利

 

悪い点 ・水を補充する頻度が多い(1日3回)
・インテリアとしては微妙なデザイン

 

良い点

手入れが楽

細かいパーツや複雑なパーツがないため掃除や洗浄がすごく楽にできます。ただし、内部にカルキがこびりつく量をへらすために水を補充するタイミングで内部に残った水を捨て、残った水滴を拭き取るようになったため、その分の手間は少しだけ増えています

f:id:myup:20220119235427j:plain



タイマー機能が地味に便利

EE-RR-35WRには2時間のオフタイマーと6時間のオンタイマーの機能がついています。特に使っているのが6時間後にオンできるタイマーで、寝る前に水を補充しておいてタイマーをオンにしておくと翌朝加湿器が起動して部屋の湿度を上げてくれるので便利で重宝しています。

f:id:myup:20220119235445j:plain



蒸気が清潔で安心感がある

上記の「手入れが楽」とも少しかぶるのですが、加湿器の内部がシンプルな構造のため中を清潔にキープすることができ、清潔な蒸気を出し続けている安心感があります。また、超音波式の加湿器だと加湿器の周りにある家電や家具が白くなってしまうことがありますが、象印は加熱式のためそういった心配もありません。

 

悪い点

水を補充する頻度が多い

6時間ごとに水を補充する必要があり、昼に1回、夕方に1回、寝る前に1回の計3回水を補充する必要があり、地味に面倒です。この点はもう一回り大きな加湿器を買っても良かったかもと思っています。

 

インテリアとしては微妙なデザイン

外観が象印の給湯器然とした佇まいで、部屋のインテリアとしては馴染みにくいデザインとなっています。インテリアデザインにこだわりのある人は上位機種のグレー(EE-DC-50-HA)であれば多少は改善の余地があるかも知れません。

f:id:myup:20220119235505j:plain

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

象印の加湿器EE-RR-35WAを購入して1ヶ月使った感想について書いてみました。

全般的には満足しており、買って良かったと思っています。

水を頻繁に補充するのが面倒な人はもうワンサイズ大きめの上位機種(EE-DC-50)をおすすめします。面倒でないという方はコスパが優れているEE-RR-35WAをおすすめします。

最後までお読みいだたきありがとうございました。

にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村